LINK
湯水の如くお金がわき出る湖を私は知っています。名前はレイクです。こう考えると本当に恐ろしい名前です。カードキャッシングにはまったのは20代の頃です。それまでは銀行のキャッシュカードで自分の預金から引き出して手元に現金をもたらしていたのですが、あるとき光熱費を支払うお金がショートしてしまい、どうしようかと思った時に、駅前にレイクの無人機があったのを思い出し、ちょっと利用してみようと思いました。いろいろな手続きを経てカードを発行してもらいお金を引き出しました。この表現がおかしいのですが、この場合引き出しましたではなくて借り入れました何です。しかしながら、その所作は自分の銀行口座からATMでお金を引き出すのとおおよそ違いはありません。ですので勘違いが起きやすいです。私はその手軽さからいろいろな時にお金を「引き出し」ていました。飲み会の支払、バイクの購入等々。当時は貸付制限がまだ無かったので、気がついたらあれよあれよで300万円の借入に膨らんでしまいました。支払い方法をリボ払いにしていたのでほぼ元金が減りません。今はちゃんと返済が終わりましたが、レイクなんて嫌な名前です。