LINK
「スプレッド」とは外為は二国間の通貨を売り買いして差益を稼ぐ商品です。買ったり売ったりの価格は、いつも動いています。これが為替レートです。インターネットを見ていると通貨の話題が流れることがあります。よくあるのが「現在のドルは1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という感じです。これは80円50銭から80円52銭の幅の中でトレードされているという事を表しているのではなくドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭、ということを表現しています。言い換えると、外為取引には買いと売りの価格が存在する事を示しています。売値、買値ではなく、BID、ASKと提示しているFX業者もあったりします。平常時には売値のほうが買値よりも低い値段に決められています。あなたが買値は高く、売値は低くなるはずです。この差分をスプレッドといい取引業者の収益の1つになっています。スプレッドの幅はFX取引会社によって異なります。スプレッドの幅はみなさんにとって出費になるので狭いFX会社を選んだほうが得します。ただし、同じ会社でも状況に応じてスプレッド幅は広くなったり狭くなったりします。仮にいつもはドル円の通貨ペアで1銭のスプレッドの広さだったとしてもマーケットの上下が激しい場面では1銭よりも大きくなります。そのため、スプレッドが小さいのと同時に、変わらないということが大事です。今では動かないスプレッド幅を見せる取引業者も多くあったりします。リアルにFX業者の取引画面上でリアルなレートをチェックしなければ評価できないのでやっかいですが、肝心な事です。重要なお金を賭けて売り買いするのだから本当の取引の前に、心惹かれたFX会社の口座開設を全部してスプレッドを点検しましょう。同じ通貨の組合せ、その場面での相場の変動率(ボラティリティ)によって通貨ペアのスプレッドの狭さは異なります。おおむね、インターバンクで流動性の高い米ドル/円やユーロ/円、ユーロ/ドルではスプレッドの幅が狭く、あとのペアではスプレッドの幅が広くなるのが普通です。