LINK

お店でいずれものカードが決済できるわけではありません。仕事 辞めたい アフィリエイト

■クレカ会社の加盟店舗はだいたい、複数のクレジットカードサービスに加盟していますが、残念なことに店舗であらゆる会社のクレジットカードが決済可能なわけでもありません。

例をあげていうと古い加盟店舗の際だとJCBのロゴの入ったそのカードしか決済不可なときもあるし今日のショップではビザとかマスターカードのマークの入っているクレジットカードのみしか使えない場合もよくあります。

ディスカバーのようなカードならばもっと使用できない状況が増えるんじゃないでしょうか。

どのロゴのカードが切れるかをどこで見たらいいか?「じゃあどのような方法でどの印の所有クレカが使用可能かというのを判断したらいいの?」という質問ですが、本当のところを判断するんだとすると該当店舗の人に確認してみるのみ、というのが残念だけど正しい回答です。

とはいえどもおおよそのお店やレストランには店舗前の入口のところとかに使用できるクレジットカード会社のサインがプリントされた加盟ステッカーが貼り付けられているので、「ああ、あの店舗ではVISAカードが切れるのだな」ということが不安にならないようになってるし確認しておいてもらえると思います。

いっぽうで、正確に管理が出来ていないショップで使うときには、ロゴステッカーが掲げられているショップでも「当店ではご提示いただいたカードはご使用いただけません」という返答をもらうケースもないともいえず、冷や汗をかいてしまうこともなくもないです。

贅沢をいえば可能な限りより多くの加入店でクレカが有効であるようにする目的で別の種類の印(インターナショナルなロゴ)が入っている一般的なVISAカード、MasterCard、JCB、ダイナースカード、アメックス、というようなクレジットカードをいくつか使えるようにしておくようにしたほうがよいと思います(例として:セゾンカードを使っているならその次はアメリカンエキスプレスカードがついているクレカを携帯するようにするといった方法)。

国内においてはVISAカード、マスターカード、JCBカードの3つのカード会社が入っているクレジットカードを日ごろから財布に入れておけばおおよそ日本全土の契約店舗で3枚のうちどれかのクレカを決済するよう準備できていることになります。

クレカを契約して有効にスマートな支払いを目指すならば、確実に上記のカードを契約しておいて損はないでしょう。